貧乏人がクレジットカードを持つとこうなる

クレジットカードは現代において非常に便利なものです。

しかし、使い方によっては自分自身の首を絞めてしまうものです。

クレジットカードを作る時はよく考えて作るべきです。

今回のテーマはお金をあまり持っていない、いわゆる「貧乏人」と言われる人がクレジットカードを持つとこうなるを説明します。

クレジットカードを持った貧乏人がまず思うこと

貧乏人がクレジットカードを持つとまず思うのは、現金がないのでカードで買い物ができるという思いが生まれます。

しかしクレジットカードは利子があり、買い物合計に利子がのってくるので現金より支払う金額が高くなります。

うすうす気づいていても今、生活する為に必要なものをクレジットカードで買ってしまいます。

クレジットカードを持つと必要以上のものを買ってしまいがちになります。

現金ではなくなっていくのが目に見えるのである程度は節制しますが、クレジットカードだと目に見えて減るものではないので、つい気が大きくなり買い物の金額も膨らむのです。

貧乏人はとくに現金をもっていませんので上記の様な傾向が表れます。

そしてクレジットカードの金額を見て驚き後悔するのです。

大きな買い物にも躊躇しない

貧乏人は大きな買い物をする時もクレジットカードを使ってしまいます。

家電製品などがそれに当てはまります。

限度額いっぱいまで使う傾向があるのです。

貧乏人は現金を出すのを嫌います。

それは手持ちのお金がなくなる恐怖を知っているからです。

手持ちのお金がなくなれば生活が困窮します。

その恐怖があるから一見、良く見えるクレジットカードに頼ってしまうのです。

貧乏人がクレジットカードを使った結果は…

このパターンに陥ると給料が入るとクレジットカード払いで生活費がなくなり、またクレジットカードで買い物をするその繰り返しになります。

賞与がある会社の方では賞与時に一括で返すと思われると思いますが、貧乏人は現金を一括で返すのではなく自分の手持ちにするのです。

なのでクレジットカードとの縁が切れないのです。

大きい買い物でリボ払いにするとより危険です。

気づかない間に支払いが増えていきます。

毎月の支払いを設定する方法があり、貧乏人はより低く設定してしまいます。

そうすると支出のバランスが狂い多く使っているのに低く返すので借金が膨らんでいくのです。

やがて上限額まで膨れ上がり、クレジットカードの利用額がなくなり、クレジットカードを使用出来なくなってしまうのです。

貧乏人はクレジットカードを持たない事をお勧めしたいですが、何かあった場合、必要になりますのでクレジットカードで買い物するものを決めて定額で使用することをお勧めします。