現金がなくても買い物ができる!クレジットカードで支払いができる仕組み

買い物の際などに使用することのできるクレジットカードは、現金を持っていなくても商品を購入することのできる便利なアイテムです。

なぜこのようなことが可能なのか、その仕組みについて紹介していきます。

後払いにできるクレジットカードの決済

商品の購入時にクレジットカードを利用することで、利用者はその場での支払いではなく後払いにすることができます。

厳密にはお店に支払いをするのはクレジットカード会社ということになるのですが、利用者は後日クレジットカード会社に利用額を支払うことになります。

これにより利用者は現金がない場合でも買い物をすることができ、お店側もクレジットカードが利用可能な店舗として利便性を強調できるようになります。

またクレジットカード会社は、クレジットカード決済を導入している店舗から入る手数料を利益とすることができるというそれぞれにメリットのある仕組みとなっているのです。

クレジットカードの利用には審査が必要

短い期間とはいえ立替払いのような形式で代金を支払うことになるクレジットカードは、誰でも利用できるのかというとそうではなく、ある程度の社会的な信用が必要になります。

クレジットカードに申し込む際には利用者の職業や収入、資産の状況や信用情報が照会され、発行が可能かどうかが判断されることになります。

収入や信用情報によって利用限度額なども決定されるため、過去のクレジットカードの利用履歴や支払いの遅滞なども重要な判断基準となります。

クレジットカードの利用料金の支払いは基本的には口座引き落としとなるため、クレジットカードを利用する際には登録した口座の残高を確認し、遅滞のないようにすることも大切です。

持っていると便利なクレジットカード

クレジットカードは現金を必要としないため、比較的高額な買い物をする際にはその都度現金を用意する必要がなくなるため、便利に利用することが可能です。

また利用金額によってポイントを貯めることもでき、貯まったポイントは特典に変えることができるのもメリットとなります。

さらにクレジットカード会社によっては海外でも利用できるカードもあり、海外旅行の際などに現地の通貨がなくても買い物などに利用することも可能です。

現在ではさまざまな会社がクレジットカードを発行しているので、ポイントの貯まりやすさや入会特典などメリットを比較して自分が最も使いやすいものを選ぶことでお得に利用することができます。

まとめ

クレジットカードはただ便利というわけではなく、ポイントや海外での使用など利用者にメリットのあるカードでもあります。

最近ではネット通販などの買い物も多くなり、ネット上の決済においてもクレジットカードは多く利用されています。

実店舗やネットを問わず頻繁に買い物をする際には、クレジットカードを作ることで受けられる恩恵も多くあるのです。

※クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法

サイトマップ